身近な生活の中にあるタッチパネルモニター

水色模様

なぜ感知するか

抵抗膜方式

タッチパネルモニターは今や様々な場所でみかける便利ツールとして人々に受け入れられています。
画面に直接触れる事でコンピューター操作が出来るという利便性は、当初多くの人を驚かせました。
直感的に操作できるという事は、タッチパネルモニターが浸透した理由として大きなものです。
画面に表示されたアイコンやボタンなどを押す事で必要とするサービスを受ける事が出来る為、コンピューター操作が不慣れな人でも迷わず使う事が出来ます。
また、店舗や企業などで広く採用された背景としては、表示と入力の操作をひとつにまとめる事で機器全体の小型化が可能になった点も挙げられます。
このように便利なタッチパネルモニターですが、その仕組については実はあまり知られていません。
多くのタッチパネルモニターがありますが、実はその仕組はいくつかあるのです。

静電容量方式

タッチパネルモニターとして最も多く採用されているのがこの抵抗膜方式のタッチパネルモニターです。
これは、指やペンで押した画面の位置で起こる電圧変化を測定する事によって検知する方法です。
内部の構造は、内側にガラス面のモニターがあり、その上にフィルムを敷いて使っています。
この内側のモニターとフィルムの間に少し隙間があって、その表面の厚の変化で接点の位置を捉えるという仕組みです。
メリットとしては単純な構造なので低コストで製造でき、また比較的省電力効果があるという点です。

抵抗膜方式の次に多いタッチパネルモニターです。
画面を触れると発生する微弱な電流の変化をセンサーで感知して、タッチした位置を特定するものです。
抵抗膜方式のように、しっかり触れなくても、指を近づけただけでも反応するので、画面に接する直前まで近づける事でポインターを動かす事が出来ます。
スマートフォンなどで使われているのがこのタイプです。

Copyright (c) 2015 身近な生活の中にあるタッチパネルモニター all reserved.